トップページ > 動物葬祭ディレクターご紹介

動物葬祭ディレクターとは

動物葬祭ディレクター試験概論イメージ

一般社団法人日本動物葬儀霊園協会が発足した
日本初の動物葬祭業資格「動物葬祭ディレクター」

今ではペットの存在は家族同然。
そんなペットに対する想いが強くなる一方、
ペットブームを逆手に取り、次々と参入する業者が存在します。

当然、良いペット葬儀社・悪いペット葬儀社が別れてきます。
その違いを一目で認知できるよう、また、より飼い主に対して
充実した葬祭サービスを提供できるようにと誕生した資格です。

資格を取得するには以下の条件が必要です。

  1. 動物葬祭の実務経験が3年以上の動物葬祭業に従事する従業員。
  2. 及び動物葬祭業を1年以上営む経営者が取得できる資格。

これらの条件を満たし、試験を受け合格した者だけが動物葬儀霊園協会に認定されます。

一級動物葬祭ディレクター 根本学

1級動物葬儀ディレクター 根本 学

ペットの最期は一度しかありません。

私は現在5000件以上のペット葬儀を担当して参りました。その経験・技術を活かし、ご依頼いただいた飼い主様の大切なペットのお見送りを誠心誠意、丁寧にお手伝いさせていただきます。

▶ 一級動物葬祭ディレクター 根本学コメント

▶︎ ペット葬儀業界初、飼い主様に向けた小冊子 

一級動物葬祭ディレクター 高野佑己

1級動物葬儀ディレクター 高野 佑己

悲しみの中、お助けするのが私の仕事です。

ペットとの思い出は大切にしてください。そして、最後を後悔なく過ごす事で「ペットロス」を避けることが可能になります。ペットが急にいなくなる事で引き起こすこの病気は、決して他人事ではないのです。

▶︎ 一級動物葬祭ディレクター 高野佑己コメント

 

以下、一級動物葬祭ディレクターが備えた知識になります。

■ 動物葬祭の知識と実践

  1. 動物葬祭の呼称の位置付け
  2. 動物葬祭の歴史
  3. 動物葬祭の始まり
  4. 葬送の種類
  5. 土葬の定義
  6. 火葬の定義
  7. 動物葬祭ディレクターとしてみる葬儀

■ 火葬の知識と実践

  1. 火葬の歴史
  2. 火葬及び燃焼とは
  3. 火葬及び火葬炉について
  4. 拾骨の意味と方法
  5. 骨上げ及び収骨設備
  6. 火葬燃焼器の種類
  7. 煙突等の空気循環装置
  8. 火葬の安全な作業
  9. 火葬炉の維持及び管理
  10. 公害防止装置
  11. 動物路の集鹿装置
  12. 燃焼計算の意味
  13. 火葬場施設と住民対策
  14. バーナーの基本講造図
  15. 動物火葬場の基本構造例

■ 動物葬儀霊園管理

  1. 動物霊園施設
  2. 従業員の意識と能力の向上
  3. 動物葬儀霊園管理
  4. 墓地・納骨堂の種類
  5. 管理のマニュアル参考例

■ ペットロス

  1. ペットロスの定義
  2. ペットロスの分類
  3. ペットロスのプロセスとエピソード
  4. ペットロス悲悲観を重くする要因
  5. 専門者に照会すべき喪主
  6. ペットロスへの準備教育
  7. 死別の悲しみを乗り越えるには

■ 喪主対応及び業務道徳

  1. 喪主への心遣い
  2. ホスピタリティ精神
  3. 礼儀礼節
  4. 四段階のサービス
  5. グリーフケア
  6. 喪主への挨拶と説明
  7. 業務規範
  8. 法律と企業道徳

■ 衛生管理

  1. 人と動物の共通感染症
  2. 共通感染症の種類
  3. 消毒とは
  4. 遺体の取り扱い方・その他注意点

■ 動物愛護法及び愛動物

  1. ペットに関する法律について
  2. 主な犬の体重や特徴
  3. 動物の寿命

■ 宗教

  1. 日本の宗教
  2. 神道
  3. 日本の仏教
  4. 仏教の系統
  5. 日本の仏教の歴史
  6. その他の仏教観
  7. 新仏教の概要
  8. 近年の仏教組織
  9. 神仏習合及びキリスト教

■ 関係資料

  1. 関係する条例の例
  2. 関係する法律
  3. 般若心経の解説

 

安心できる千葉のペット火葬サービスを行う霊園
▶︎動物葬祭ディレクターが火葬を行うペット葬儀社「ヒルサイド倶楽部」

▲ PAGE TOP